ギターの初心者から抜け出すステップ。左手の練習は順番が大事!

初心者



 

ギター歴26年のサラリーマンギタリスト、速弾きギターパパです。

「ギターで何曲か弾けるようになったので次のステップに進みたい。」

「ギターソロを弾きたいけど、速いフレーズが弾けない」

上手くなってる実感がない

そんな方はいったん、基礎に戻ってこのステップアップトレーニングをしてください。

私が速弾きに停滞していた時に、抜け出すことができたステップを説明します。

手順を間違えなければ、停滞している沼から抜け出せるはず!!

電子書籍PR
PR
ギター電子書籍の第2弾がでました。
「人生が好転する趣味のギター」
Kindle Unlimited 会員は、読み放題です。
まずは↓をクリックして無料体験を登録をしてください。 Kindle Unlimited 読み放題の電子書籍|無料登録する

練習の順番が大事。初心者⇒中級者のフェーズ!

指はバタつかないようにと言いますが、初心者には間違いです。(中級者以上は正解です。)

練習の順番がありますので、初心者は手順を飛ばさずにきちんとステップを踏みましょう。

クロマチック練習でつまずいた方はこちらです。
ギター初心者の方へ|クロマチック練習って意外と難しくないですか?

①「筋トレフェーズ」

ギター筋を呼び覚ませ!

素早く、力強く、指をバタつかせてギターを弾くための筋トレをするフェーズです。
音が汚くてもいいので、指を「大きく」「素早く」動かすことを意識して練習ください。

詳しくはこちら↓で練習しましょう。

【ギター基礎練習】定番1234運指。クロマチック練習の落とし穴!

ギター弾き方|脱力は間違い?『力み』を制して『脱力』を制する。

②「神経系を鍛えるフェーズ」

指の分離と自在なコントロール!

ギター筋をきたえた後は神経系のトレーニングです。

それぞれの指を分離してばらばらに動かせることを目指します。

指がそれぞれバラバラに動くように集中します。

速く動かす必要はないので、1音1音丁寧に弾きましょう。

こちらがオススメ↓

【ギター速弾き】小指が動かない!地獄の集中トレーニングで解決

【ギター初心者】左手のフィンガリング3つのコツ。速弾きにも重要!

ギターのモチベーションが上がらない。挫折しそうになったら方がいたら読んでください。
ギターを挫折しそうな方へ|才能はいらない|趣味で人生を好転する思考

③「無駄を省いた完成系フェーズ」

省エネでもっも効率よい弾き方を追求!

指をバタつかせないように最小の「動作」、最小の「力」で流れるようなフィンガリングができるように練習します。

プロの動いてないようなフィンガリングですね。

いきなりマネしようとすると沼にはまります。私は20年沼にハマってました。

そうならないように、この手順でトレーニングしましょう。

ギターフレーズ集!速弾きにも効果的な基礎練習のタブ譜10選!

Fコードが弾けずに悩んでいる方へ。これで弾けるようになります。
ギター初心者|Fコードの押さえ方のコツ|挫折しない簡単チート技も

練習するときに意識したいこと

横移動なしで6フレット分をカバーする

まずは横移動を無駄にしないでフィンガリングするようにしましょう。

指4本を5~8フレットの置いたとして、4Fは人差し指、9フレットは小指が出張します。

手の横移動はほとんどなしで、6フレット分のフレーズが弾けるように、ストレッチも練習しましょう。

横移動も大事な練習ですが、動かずにカバーできる範囲をしっかり意識してください。

6フレット分で安定して弾けるようになったら、横移動の練習をしましょう。

この↓ストレッチトレーニングがオススメです。

ギターを持たなくてもできる指の分離とストレッチトレーニング

指を素早く入れ替える。離す動作が重要!

指は1本づつ独立しているスパンスパン動かすイメージをもちましょう。

押さえる動作ばかり注目しがちですが、指を素早く離すことも重要です。

まとめ

練習の手順は大切です。

ギターの成長が停滞したと感じたらこの記事を思い出してください。

『速弾きギターパパ』で検索です。

ギター筋を呼び覚まし、指1本1本の神経を研ぎ澄まして練習しましょう。

私のオンラインでコーチング・レッスンもあります。コーチングなので、ギターの弾き方だけでなく、最短で上手くなるための練習手順や時間管理を、あなたのライフスタイルに合わせてをアドバイスします。
私もサラリーマンなので時間に制限がありますが、この方法でギターを習慣化して楽しんでいます。
ギターオンライン・コーチング・レッスン

下記のオープンチャットから、ギターコミュニティに参加して悩み解決や情報交換しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました