ロックギターに必要なおいしいとこだけ音楽理論|②コードの基礎

音楽理論



 

ギター歴26年のサラリーマンギタリスト、速弾きギターパパです。

ギタリストのためのおいしいところだけ、なんちゃって音楽理論の第2回「コード」編です。

第1回で「キーとスケール」、「度数」の理解ができたので、コードにも触れていきましょう。

コードの成り立ちは規則性がありますので、これを知るだけで世界が変わります。

これが分かれば、コードのポジション(型)を暗記してなくても、自分でコードを作ることができます。

コードバッキングの音遣いをアレンジしたり1つ上のレベルで弾けるようになります。

今回はコードの成り立ちと、基準になるダイアトニックコードを説明します。

今回も五線譜は使いませんので、気軽にご覧ください。

あくまでROCK系で即使える簡単な説明をするだけなので、かなり省略してます。
本気の人はスクールできちんと学びましょう。
シークミュージックスクール|プロ講師の個人指導!
電子書籍PR
PR
ギター電子書籍の第2弾がでました。
「人生が好転する趣味のギター」
Kindle Unlimited 会員は、読み放題です。
まずは↓をクリックして無料体験を登録をしてください。 Kindle Unlimited 読み放題の電子書籍|無料登録する

3和音でのコードの基礎 コードは音の積み木です。

コードとは、音を積み重ねたものです。

積み方に規則性がありますのでそれを学びます。

まずは3和音の成り立ちを理解しましょう。

4和音は、「3和音+7度」ですので、3和音をしっかり理解してから進みます。

まずはメジャーコードとマイナーコードの音の積み方について学んでいきましょう。

キーはC(ド)で説明します。

C

スケールの音を3度間隔に並べたのがコードです。

メジャースケールの1度(ド)、M3度(ミ)、5度(ソ)の3音が構成音になります。

3度が「メジャー3度」(長3度)です。

1度を「ルート」と表します。コードネームの最初の英語(C)のところですね。
ちなみに3和音を「トライアド」と言います。

Cm

マイナーも同じくスケールの音を3度間隔に並べますが、3度の音が半音低い「♭ミ」になります。

メジャースケールの1度(ド)、m3度(♭ミ)、5度(ソ)の3音が構成音になります。

3度が「マイナー3度」(短3度)です。

Cm(♭5)

これも大切なコードですが、使用頻度は少ないので、今のところ覚えなくていいです。

構成音は1度(ド)、m3度(♭ミ)、♭5度(♭ソ)です。

5度が半音下がり「減5度」になります。

3和音のメジャーとマイナーコードの違い

3度が半音下がるかどうかだけです。

この半音だけでコードの響きが全然変わります。

明るい感じ、暗い感じを3度が決めていると覚えておきましょう。

3度が「M」(長)か「m」(短)かがとっても大事です。

3つのコードトーン「トライアド」だけでもアドリブ出来ちゃいます。
ギターのアドリブをおしゃれに|簡単にコードトライアドを弾くコツ!

7thを入れて4和音のコードにしてみる。

4和音は上記の3和音に7thをプラスするだけです。

同じく3度間隔で並べていきます。

7thは2種類ありますので規則性だけ学びましょう。

M7はルートから7番目でルートの半音下の音になります。

m7はルートから7番目でルートの1音下の音になります。

7thを入れると雰囲気が変わり響きがおしゃれになりますね。

4和音のダイアトニックコードを考える。

ダイアトニックコードとは

スケールの音だけを使ってを3度間隔に並べたのがダイアトニックコードです。

1度、3度、5度の3和音に7度のを重ねて4和音として覚えておくと良いです。

この7つのコードを使用すれば、シンプルな作曲は出来ちゃいます。

スケール内の音だけで構成されるので、音を外すことなくとてもスムーズに流れていきます。

ダイアトニックコードはスケールの音だけで作られているコードです。逆に言うと、ダイアトニックコードだけのバッキングが流れている場合はスケール音でアドリブを弾いていれば、大きく音を外すことはないです。カッコイイかどうかは別ですが・・・

Cメジャーキーの4和音のダイアトニックコード

Cメジャースケールの音を、基準音(ルート)を基に3度づつ並べます。

7音のスケールなので、7つの4和音コードを作ることができます。

①CM7、②Dm7、③Em7、④FM7、⑤G7、⑥Am7、⑦Bm7(♭5)

ディグリーネームで丸暗記しちゃいましょう。

  • ⅠM7、Ⅱm7、Ⅲm7、ⅣM7、Ⅴ7、Ⅵm7、Ⅶm7(♭5)
ディグリーネームとは、ルートの音をスケールの何度の音かをローマ数字で書いたものです。
これで覚えておけば、キーが変わってもすぐにコードを呼び出せます。
後々、作曲やアドリブなどにも大いに役に立ちます。

音のインターバルを図で確認

半音階では12音となりますが、その中の7つを「全、全、半、全、全、全、半」抜粋したのがメジャースケールです。

コードトーンの間に半音が何個入るかを確認して、m、Mかを見てみましょう。

メジャースケールが分からない方は、第1回をご覧ください。
ロックギターに必要なおいしいとこだけ音楽理論|①度数とキーの把握

赤:ルート  黄色:3度  緑:5度  水色:7度

慣れたらこんなこと考えなくてもわかるようになります。

音の感覚で決まる考え方だけ、何となく雰囲気をつかみましょう。

ルートを基準に半音何個分離れているかで、mやMなどをみつけます。

ちょっと一呼吸!! とりあえず曲を弾きたい人はこちら。
超初心者向け。最短で曲が弾けるエレキギターを始めるための手順!

コードを分類わけしてみる。

メジャーコード(3度がメジャー)

  1. ⅠM7、ⅣM7、Ⅴ7 

マイナースコード(3度がマイナー)

  • Ⅱm7、Ⅲm7、Ⅵm7 

ちょっと特殊なコード(3度と5度が下がる)

  • Ⅶm7(♭5) ←今回は覚えなくていいです。

とりあえず使用頻度が高い、Ⅶ以外の6つを丸暗記してください。

ギターで音楽理論を理解するには、指板の音を覚えると理解が早まります。
ギター指板音名の覚え方|仕組みと記憶方法|1日3分を3パターン

まとめ

  • コードは3度間隔に音を並べたもの。(3和音か4和音が主流)
  • 3度の音がコードの雰囲気(mかMか)を決定づけるので、半音の違いがとっても大事。
  • ディグリーネームで6つだけ丸暗記する。「ⅠM7、Ⅱm7、Ⅲm7、ⅣM7、Ⅴ7、Ⅵm7」

次回はそれぞれのコードの役割を見ていき、コード進行を学びます。

本記事が理解出来たら、「コード進行編」に進んでください。
ロックギターに必要なおいしいとこだけ音楽理論|③コード進行

コード理論に興味があるあなたは、音楽理論を勉強したいと真剣に思っているのだと思います。
まずは無料体験レッスンだけでも上達に向けた様々なアドバイスと気づきがあります。
ギターの上達を真剣に考えるあなたは今すぐクリックして下さい。↓↓
まずは無料体験レッスンを試そう!シークミュージックスクール!!

極薄ネックで、ジャンボフレット。速弾き向きですね。

  • DiMarzioピックアップ搭載で、コイルタップ採用できるミニスイッチも装備。
  • 弾き易さと薄さとを追求した極薄ネックのSuper Wizard形状
  • ジャンボ・ステンレス・スチール・フレット採用

 

Ibanez Prestige RG5320C-DFM

↑画像をクリックするとイケベ楽器で詳細が確認できます。↑

コメント

タイトルとURLをコピーしました