【安く購入】ZOOM R12 MTRで作曲してみた|使用感レビュー

機材



 

ギター歴26年のサラリーマンギタリスト、速弾きギターパパです。

ZOOM R12 マルチトラックレコーダー(MTR)を購入しました。

簡単なデモソングを作って録音してみましたので、使用感をレビューします。

本記事ではこんなことを書いています。

R12の購入で迷っている方はぜひご覧ください。

  • 開封の儀
  • 作曲での使用感のレビュー
  • ギター練習の活用方法
  • 新品を安く購入する方法
電子書籍PR
PR
ギター電子書籍の第2弾がでました。
「人生が好転する趣味のギター」
Kindle Unlimited 会員は、読み放題です。
まずは↓をクリックして無料体験を登録をしてください。 Kindle Unlimited 読み放題の電子書籍|無料登録する

ZOOM R12 マルチトラックレコーダーの開封

イケベ楽器店オンラインストアで購入しました。

注文した翌日に到着しましたので、さっそく開封。

無駄のない梱包でコンパクトにまとまってきました。

R12はタイプCでのUSB電源供給が特徴なので、それ用のコードとACアダプターも付属しています。

本体は、重さ735gと軽量で、サイズは256 mm (W) x 158 mm (D) x 61 mm (H)のコンパクトボディです。

2.4インチのカラータッチスクリーンで操作するので、物理ボタンは少なめです。

背面はこんな感じでです。

  • コンボのインプットが2つ
  • LRラインアウト
  • ヘッドフォン用ミニステレオ端子
  • 電源供給用とデータ転送用のUSBタイプC

とってもシンプルでスタイリッシュな作りです。

録音にはSDカードが必要なので、同時購入を忘れないようにしましょう。

 

デモソングを作曲してみた

画像をクリックするとイケベ楽器店で詳細が確認できます。↓

曲作り

R12を使用して簡単なデモソングを1曲作ってみました。

今回の作曲の目的は、子供のスポーツ少年団の応援歌を作ることです。

誰もが歌いやすいキーで覚えやすいキャッチーな曲を目指して、弾き語りをしながら作曲しました。

伴奏がなくても手拍子で歌えるシンプルな曲にしたけど、せっかくなのでR12を活用してバンドサウンドにしました。

どのように製作したか簡単に振り返ります。

※作製した音源も載せたかったのですが、固有名詞が出てくるので控えました。

ドラム作成

ドラムは、150種のリズムトラックの中から選び使用します。

タッチスクリーンで、ドラッグ&ドロップでリズムトラックを、作成できるので楽々でした。

おかずを少し追加したかったので、電子ドラムでライン録音しました。

生ドラムだとマイクが必要ですが、今回はローランドの電子ドラムのアウトと接続するだけなのでとっても簡単です。

ギター録音

ギターは2トラック録音しました。

R12のインプット1に直接ギターをさして、内臓のアンシュミとエフェクターサンドをそのまま使用しています。

1つはクリーントーンのシンプルなコードバッキングです。

もう一つは、広がりのあるアルペジオです。

ギターを直刺しで、すぐに演奏できる点がR12のいところです。

ベース録音

ギターのイメージがないとベースが弾けなかったので、ベースを後から録音しています。

ベースもR12のインプット1に直接さして、内蔵のアンシュミを使用しています。

録音するトラック選択を間違えないように注意しながらベースを録音。

応援歌なので勢いを意識して弾きました。

ボーカル録音

インプット1にダイナミックマイクを直刺して、内蔵のボーカルエフェクターを使用しました。

エコーなども調整できるので歌っていて気持ちいいです。

R12には48Vファンタム電源を供給できる、2系統のXLR/TRSコンボジャックを装備しているので、コンデンサーマイクの使用も可能です。

ミキシング

それぞれの音量やイコライザー、PANなどバランス整えてミキシング完了です。

ミックスダウンするとでステレオファイル(WAV)でSDカードに保存されます。

MP3にも変換できると嬉しかったです・・・

詳しい使い方は宮脇俊郎さんの解説動画が分かりやすいです。

私はこれ↓を見て使い方を学びました。

ギター練習での活用

簡単にギター練習用のバックトラックを作れるので、アドリブ練習やギターソロの構築などに役に立ちます。

難しいギターソロをコピーする際など、繰り返しの練習にも役に立ちます。

準備はR12本体とギター(ベース)とシールドがあればOKなのでお手軽です。

まずはドラムの作成です。

150 種類のリズムループの中からお好みのジャンルを選択。

「Intro、Verse、Bridge、Chorus、Outro」のセクションから組み合わせて、バックトラック用のリズムを作成します。

テンポはプロジェクトに設定したテンポに調整されます。

タッチスクリーンでコピーして貼り付けたり、トラックを移動することもできます。

次に、ベースとギターを録音します。

強くギターを弾いた時にPEAKが点灯しないギリギリくらいにGAINを回して入力レベルを整えます。

内蔵のアンシュミとエフェクターを使用してお好みの音作りをします。

簡易的なものなので少し操作はしづらいですが、既存のパッチでも十分に使えると思います。

ノイズゲートやコンプレッサーを使用して音を整えることもできます。

ギターバッキングやベースを各トラック録音すれば、ギター用カラオケが完成です。

自分のアドリブプレーを録音して聞き返すこともできますので、ギタープレーのミスの修正や、良いフレーズを聞き返すことに大いに役立ちます。

 

タッチスクリーンがもう少し大きいと嬉しいです。
老眼の方や細かい操作が苦手な方はR20を購入したほうが良いかもしれません。
R20は4.3インチ、R12は2.4インチです。

 

 

R12を新品で安く購入する方法⇒イケベ楽器店で購入

R12を安く購入する方法。

それは!イケベ楽器店でオンラインストアでの購入です。

こちらが私が購入した際の明細書です。

クーポンとポイントの使用だけで4000円OFFです。

更に、次回使えるポイントは約545ポイント付与されました。(ポイント率は会員ランクによるので注意)

更にさらに、楽天payで支払うことで楽天ポイントも付与されたので二重でお得です。

クーポンの利用

画像をクリックするとイケベ楽器店で詳細が確認できます。↓

イケベ楽器店では、けっこう頻繁に会員向けにクーポンの配布をしております。

クーポンには「期間限定・税込3万円以上のお買い物で使える3000円クーポン」などがあります。

30,000円の商品であれば10%OFFになりますので、とてもお得ですよね。

ポイントの利用

ポイントは、商品購入時に会員のランクに応じて付与されます。

商品によっては10%のポイント還元もあります。

イケベ楽器店を使い続けるだけでお得になるシステムです。

私は前回までにためておいたポイントを1,000ポイントだけ使用しました。

楽天payでの支払いが更にお得

お支払いは楽天payでも可能です。

楽天payで支払うと更に楽天ポイントも付与されるので、事実上の値引きのようなものですね。

2重でポイントが付くのでおすすめです。

アプリのインストールと会員登録

イケベ楽器店のお得なサービスをフルで活用する為には、スマホアプリのインストールと会員登録をしましょう。

↓の公式ページから手続きは簡単です。

イケベ楽器店オンラインストア

まとめ

リーズナブルな価格のMTR ZOOM R12を更にお得に購入してお試しください。

自分の作曲のストックやバンド用のデモ作成などお手軽にできます。

普段はギター練習にも活用できるので便利です。

細かい操作は得意としない印象でが、リーズナブル、コンパクト、使い易い、多用途・・・色々便利なR12でした。

画像をクリックするとイケベ楽器店で詳細が確認できます。↑

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました